「お酒のおつまみになる一品紹介」

 

こんにちは!!!

法政大学キャリアデザイン学部2年生の和田果穏です( ´ ▽ ` )

滝島商店では、毎年、法政大学キャリアデザイン学部で行われている「産学連携・企業との共同プロジェクト」にご協力いただいています。

今回皆さんにお届けするのは、「お酒のおつまみになる一品紹介」です!私は今年の6月に20歳の誕生日を迎えました!それを機にお酒を嗜む機会も増えたため、美味しく飲むための方法をぜひ皆さんと共有させてください♪

まずはこんな私を知ってもらうために、自己紹介をさせてください〜!

◯プロフィール


↑これは20歳の誕生日を迎えた時の写真です♪

 

名前:和田果穏(わだかおん)

年齢:20歳

居住地:東京都

出身地:滋賀県

趣味:英語スピーチ、宅飲み


私は大学のサークル活動で、英語のスピーチを行なっています!自分の伝えたいことを英語で発表するものです。普段のほほんとした性格の私ですが、大会の時はしっかりスーツを着てかっこよく決めちゃいます(•̀ㅂ•́)و✧


オンラインの大会に出る姿を少しだけお見せしますね〜

どうですか?ピシッとしていてかっこいいですよね?(笑)


と、自己紹介はこのくらいにして…


それでは皆さんお待ちかね!「お酒のおつまみになる一品」を紹介していきます!!今回はオススメの二品厳選してきました♪



まず一品目に紹介するのは、「ピリ辛生ハムユッケ」です!

キーワードは"簡単お手軽に美味しく"です。



材料(2人前)


生ハム…50g

キュウリ…1/2本

卵黄…1個分

☆ごま油…小さじ1杯

☆にんにく(すりおろし)…お好みで

☆コチュジャン…小さじ1杯


作り方

① キュウリの皮を剥き千切りにします。


② 生ハムを1cmくらいの幅に切ります。


③ 先程切ったキュウリと生ハムをボウルに移し、☆の材料を全て入れます。


④よく混ぜます。


この時、生ハムとキュウリが絡み合うようにしっかりめに混ぜるのがコツです!


④ お皿に盛り付け、真ん中に卵黄を落とします。


完成です♡

とっても簡単なのにすごく凝って見えますよね!少しピリ辛な味付けなのでお酒がすすみます(´∀`*)



次に紹介するのは、「うまみ凝縮!焼き枝豆」です!キーワードは"普段とは違う旨み"です。


枝豆といえばおつまみ界の王道ですよね!これだけは外せないという方も多いのではないでしょうか?私も大好きです!


一般的には茹でて食べられることが多いですが…実は「焼く」ことで旨みがアップします!!茹でると旨みが水に出ていってしまいがちですが、焼くことで旨みが凝縮され、火を通すことで甘みが強くなるんです!


材料(2人前)

枝豆…100g 

塩…小さじ1程度

ゴマ油…大さじ1

ラー油…お好みで


作り方

① 枝豆をボウルに入れ、塩をまぶします。


②塩を全体的にまわし、5〜10分置きます。


こうする事で、皮のアクやえぐみを取ることができます。


② フライパンを用意し、ゴマ油をひきます。


③ 中火で両面に焼き目が付くまで焼きます。


⑤ 両面に焼き目が付き、さやが少し開いて豆が見えている状態になったらお皿に盛り付けます。


↓こんな感じで豆が開いてきます!

⑥お好みでラー油をかけます。


完成です♡とっても甘みが強いです!普段の枝豆とはまた一味違った感じを楽しめます。



では早速頂きたいと思います!!


本日のお酒は……サントリービールです!

最初は苦くて飲めなかったのですが、最近ビールの美味しさに気付いてしまいました♪


そして完成品がこちら!


とっても美味しそうですよね〜!!

待ちきれないです(笑)


それでは皆さんご一緒に、頂きます!!!

今回は、「お酒のおつまみになる一品紹介」ということで、とっても簡単で美味しいオススメ料理を紹介させていただきました!

皆さんの宅飲みに彩りを添えることができれば幸いです!まだまだ知らないお酒ばかりなので、良かったら皆さんのオススメのお酒を私に教えてください♪



***********************************

ご覧いただきありがとうございました!

滝島商店では週に1回暮らしを豊かにするお役立ち情報を配信していきます。

次週の配信は11月19日(金)の予定です。

なんとなんと、いらなくなったものを再利用して家具にする記事を配信するみたいですよ!これは気になりますよね!お楽しみに〜!

*************************

滝島商店がLINE@を始めました!

これからも記事の更新がチェックできるのでぜひ追加してくださいね!

滝島商店LINE

https://lin.ee/pRte5KD

滝島商店HP

https://sumai-fresca.com/

*************************

記事編集者

和田 果穏(ワダ カオン)

法政大学キャリアデザイン学部2年